失敗しない転職の秘訣

業界別の特徴を掴むことが一番大事!

病院ごとで変わる採用基準

近年では、結婚後も働く女性が増えてきています。そうした女性が多い職場として代表的なイメージが強いのは看護師です。看護師の業界は女性への待遇が良く、休職制度や託児所を活用して長く働く人が大勢います。

そうした中、もし看護師として転職を希望するなら、医療業界全体の動向を知るだけでは十分ではありません。医療の枠組みの中でもより細かな業界別の動向を知ることが重要になってきます。大別すると大病院、中小病院、クリニックで大きく求人の動向に違いがあります。その細分化された業界別に情報を集めて転職に乗り出すことが重要なポイントになってきます。

現状として最もわかりやすいのがクリニックであり、新しく採用した人に対して一から研修を行って教育をしていけるほどに余裕がない現場がほとんどです。最少人数の看護師で職場を動かしていることから、即戦力になる人材を集めることに注力している傾向があります。ブランクが有るだけでも採用が難しくなる場合もあり、すぐにでも働ける自信がある人の方が向いているといえるでしょう。

これに類似しているのが中小病院です。人材の確保が急務である場所は非常に多く、即戦力になる人が望まれているのは確かでしょう。しかし、現実にはあまりに人が少ないことから、研修システムを完備して潜在看護師の復帰を促そうとしている病院もあります。人材不足が深刻であるエリアほど、ブランクがあっても働ける制度が設けられている傾向にあります。

一方、有名な大病院ではキャリア重視の採用が行われるケースが多いでしょう。大型病院は待遇や条件が良く、人気であるためライバルも多くいます。そうした内定競争を勝ち抜くには、ブランクを物ともしないような専門的な知識や経験が必要になってくるでしょう。このように、看護師に限らず業界別で細かい状況を把握しておけば、自分のキャリアを考えてどの道が適しているかが明確になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です