失敗しない転職の秘訣

業界別の特徴を掴むことが一番大事!

資格を取っても高待遇とは限らない!

転職をしようと考えた時、どの業界で働くかで動き方も変わってきます。同じ業界で働き続ける場合を除けば、新しい業界に入るための能力を獲得する準備をする必要があります。

ネットが普及し、業界の動向や採用された後の待遇についての情報が得やすくなったことから、業界をまたいで新しい仕事に就きたいという人にとって有利な状況が生まれています。それを参考にしてどの業界で働くかを決定し、採用されやすくなるために資格を取得しようと考える人も増えました。

基本的にどの業界でも資格の有無によって待遇が大きく異なります。例を出せば、看護の仕事に携わりたいと考えて看護師の資格を取得した場合と、介護福祉士の資格を取得した場合とでは待遇に雲泥の差があります。また、働ける職場にも大きく違いが生じます。そのため、ただ業界全体としての傾向を理解するだけではなく、どの資格を持っているとどのような待遇を受けるのかという視点を持って比較を行うことが重要になるのです。

ただ、必ずしも自分が資格を取ったから高待遇を得られるわけではありません。資格を取れば収入アップすると聞いていても、実際働いてみると違っていたというケースはたくさん存在します。転職する際には場所を見誤らないことが重要です。きちんと自分のスキルを評価し、的確な報酬を与えてくれるかという判断ができない限り、希望する待遇を受けながら働くことはできません。

転職事情は業界ごとで大きく異なります。自分が望む分野で活躍したいと模索しているのであれば、まず業界別の転職のコツを把握することが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です